〈リハビリ方法の例〉

まず、全身の状態を確認します

サイズの測定

関節の動く範囲を測定

筋肉の状態を評価

ストレッチ

冷却や温熱

バランスボード

クッキーストレッチ

棒またぎ運動

施設のある病院で水中療法

〈リハビリ方法〉

その子の状態を、診察、評価した上で、必要に応じてリハビリプログラムを組み立てていきます。

同じ病気でも、どの子も同じリハビリを行うのではなく、その子の状態や、飼い主様の状況、家庭環境に合わせて、無理のないようにリハビリプログラムを組み立てていきます。

犬専用の道具を使うこともありますが、人用の物を代用したり、家にあるものを利用したり、100均のグッズを工夫してリハビリに利用することもあります。

必要に応じて、犬用車イスや犬用装具を利用したリハビリを行う事もあります。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です